フューチャーカード バディファイト

2017.01.06

カードテキスト修正に関するお知らせ。

こんにちは!バディファイトチームのよしP&グレムリン・Kです。

今日はバディファイターのみなさまに
カードテキストの修正に関するご連絡があります。

【ジュニアファイターの皆さん、保護者の皆さまへ】

こんにちは!!
バディファイト開発チームのよしPです。

2016年の年末に日本中で大きな大会がたくさん開催され、
その上位には必ず『ゼータループ』というコンボデッキが入っていました。

ゼータループ

コンボというのは、何枚かのカードを組み合わせて、
普通ではありえないくらい強いチカラを発揮することです。
このコンボを見つけるのはカードゲームのオモシロポイントの1つでもあります。

しかし、コンボは悪いことではないのですが、今回のコンボは本当に強すぎて、
そのコンボが完成してしまうとほかのデッキでは何もできずに負けてしまう状況になってしまいました。
コンボがすぐ決まってしまい、それを見ているだけのバディファイトはあまり楽しそうじゃないですよね。

そして、そのコンボが強力なので『ゼータループ』デッキを使う人がとても増えてしまい、
バディファイトの大会に出ても『ゼータループ』デッキばかりになってしまいそうなのです。

これでは大会に出たり、友達とファイトするのも楽しくなくなってしまうかもしれません。

そこで私たちバディファイト開発チームはたくさん考え、
リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”』というカードに『必殺モンスター以外の』という一文を追記することにしました。
これによりその『ゼータループ』というコンボを封印し、
どのデッキでも勝てる可能性が大きく増えることになります!!

リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”新テキスト

今『ゼータループ』デッキを使っているファイターの皆さんは
頑張って作ったコンボデッキが弱くなってしまい、少し残念な気持ちになると思います。

本当にごめんなさい。

これからはこのようなことがおきないようにさらに注意してカードを作っていきますので、
また新しいデッキを作って、これからも友達とファイトしたり大会に出てくれると嬉しいです。

『リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”』に『必殺モンスター以外の』という一文が追記されるのは1月20日(金)です。
1月20日(金)からは『リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”』には
必殺モンスター以外の』という一文が追記されることになります。

今みんなが持っている『リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”』は
一文追記したバージョンの『リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”』に交換することが可能です。
交換方法は、ここを確認してください。

交換しなくても大丈夫ですが1月20日(金)以降は
一文追記したバージョンの『リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”』として扱われますので
間違えないように注意してくださいね。

いろいろと難しいお話をしてしまって本当にごめんなさい。
私たち開発チームはみんなにおもいっきり楽しんでもらえるバディファイトを作っていくので
これからもお友達とたくさんカードファイトしてくださいね!!

【一般ファイターの皆さま、カードショップ様へ】

いつも大変お世話になっております。
バディファイト開発チームのよしPです。

このたびはご迷惑をお掛けしてしまい誠に申し訳ございません。
本件に関しまして、内容を整理してご報告差し上げます。

まず前提としてこの『リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”』コンボは開発チームの意図していない動きでした。

このコンボはバディファイトとしての適正なコスト感、スピード感、達成難易度とは逸脱しており、
魅力的なバディファイトのカード環境そのものを脅かす存在であると認識しております。

そして、今回はその『リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”』コンボを終息させるための『エラッタ(テキスト修正)』になります。

通常ブシロードTCGだとこのような状況の際、『禁止・制限』という判断になるのですが
幾度ものテストプレイの結果、『禁止・制限』のいずれもこの事象の解決には結び付きませんでした。
具体的には下記の通りです。

①『リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”』の禁止(デッキに1枚も入れることが出来ない)
 ・ゼータループデッキの猛威を止めることはできるが、それ以外のデッキでの『リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”』の可能性を潰してしまう。
 ・『リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”』そのものの価値が”0”になってしまう。
 ・特定カードと組み合わせることを禁止にするパターンも出来るが直感的に分かりにくい。

②『リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”』の制限(デッキに1枚or2枚)
 ・空いたスロットに『リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”』サーチカード(『だが奴は一番の格下』など)を入れることで
  簡単にコンボに繋げることが出来るため根本的な解決に至っていない。

という結果が得られました。
上記すべてをクリアにし、環境の改善に繋がる最善の手段が『エラッタ(テキスト修正)』対応でした。

なお、今回のテキスト修正は特例での処置となりますので、今後『定期的に』このような改正を実施することはございません。
しかしながら、引き続き健全なカード環境を維持するため、『適宜、必要に応じて』適切な対応を取る可能性はございます。
また、そもそもこのような事態が起きぬよう、テストプレイ含め、今後はより一層カード開発体制を強化してまいります。

このたびはユーザー様、ショップ様にご迷惑をお掛けしてしまい誠に申し訳ございませんでした。
今後ともバディファイトを何卒宜しくお願い致します。

今回の裁定に関する詳細は下記にてご確認をお願い致します。

◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇

カード開発のグレムリン・Kです。

2016年冬季に行った各イベントにおいて、「リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”」と「泥鬼 アイティオピコン」を組み合わせた、通称「ゼータループ」デッキが数多く結果を残しております。開発チームといたしましては、これらのカードの組み合わせによって健全なゲーム内容を提供できていないと判断いたしました。

起こっている事象といたしましては、
①「リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”」の能力で「泥鬼 アイティオピコン」を手札に加え、その後、相手を攻撃した「リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”」が手札に戻る。
②手札に加えた「泥鬼 アイティオピコン」で相手を攻撃し、バトル終了時にドロップゾーンに置き、ゲージを+1。

「リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”」を続けてコールすることで、実質ゲージ1で①と②の行動を繰り返し、相手を攻撃し続けることが可能です。

そのため、「リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”」のテキストに以下の変更を加える修正対応を実施させていただきます。

============================
■君が《ダークヒーロー》のアイテムを装備していて、君の場にモンスターがいないならコールできる。
■【コールコスト】ゲージ2を払う。
■このカードが登場した時、君のドロップゾーンの《ダークヒーロー》4種類以上があるなら、
君のドロップゾーンの必殺モンスター以外の《ダークヒーロー》1枚までを手札に加える。
■このカードのバトル終了時、このカードを手札に戻す。
============================

また、テキスト修正実施スケジュールは以下の通りです。
こちらのカードに関しましては、新テキストとなったカードと交換対応をいたします。

【テキスト修正適用日】2017年1月20日(金)
【交換対応開始日】2017年1月20日(金)
【交換方法】郵送での交換、ブシロード主催のバディファイト公式イベントでの交換

 ※詳しい交換方法につきましては、こちらのエラッタ・誤表記のページをご確認ください。

今回のテキスト修正は特例で、ループ事象を防ぐものです。
カードゲームでは、テキスト修正ではなく禁止制限を行うことが多い中で、今回このような形を取った理由としては、
今回は「環境の健全化」がメインの目的ではなく、「ループの阻止」が目的であるからです。
また、「ゼータ」デッキ自体を使えないものとしてしまうことや、「リバースカル “ギルティ・ウェーブ!”」の他デッキ内での価値を極力下げないようにするためです。
このテキスト修正によって、他デッキ・他カードの価値が見直されると考えています。

この度はバディファイターの皆様、ならびにお取扱店舗様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
以後、同様の事象が起こらないよう、さらなる注意を払って開発に努めてまいります。

今後とも、バディファイトをよろしくお願いいたします。